penfanshinryokuAPP99354_TP_V.jpg

Forest
Work
Box

 

​杉の木からできた自由に設計できるワークスペース

​森のワークボックスは、国産の杉の木を使ったこれまでのオフィスにあるワークブースにはない新しい発想のブースになります。

 
​6・25から受注受付開始
 
ブース_オフィス空間_R-1-1.png

​安らぎのデザイン

 会議、資料製作、勉強など日々の業務の空間を少しでも安らげる空間にしませんか、森のワークボックスは無垢の杉の木を無塗装で木の呼吸を妨げず製作しております。

 目に優しい木目、木の香りや温かみ、無垢の木には人が安らげる効果が​たくさんあります。

自由な設計

​森のワークボックスは、標準のサイズ仕様がありますが受注製作で一点一点製作してますので細かいご要望にもこたえることができます。(別途費用が発生します)

 
 

​森の恵み

​ 森のワークボックスの素材はほとんどが無垢の杉からできているためそのほとんどが土にかえる環境にやさしい素材です。しかも後にお部屋として利用しなくなったとしても新しく家具などに作りかえることもできる再生可能な素材となっております。

092Yamasha17103_TP_V.jpg
ワークボックス2.png
ワークボックス3.png

寸法   :W150cm D98cm H200cm

重量   :およそ150キロ

​標準装備 :テーブル・コンセントタップ2口

オプション:床(別途)

販売価格 :66万円(​税込)

別途   :運賃・設営費(お客様自身で組み立てされる​場合は不要)

​サイズ、仕様変更のお客様はお問合せください。

​森のワークボックス標準仕様

 
IMG_6537 (2)

床はオプションになります

IMG_6536

床の状態をアジャスターで対応します。

IMG_6532

コンセントは標準でついております。

IMG_6529

扉には中から鍵がかけられます

IMG_6528

ドアは勢いよく閉めてもやさしくしまるダンパー機能も標準装備です。

岡山県倉敷市の​老舗無垢材専門家具店 家具のひらやまについて

​この森のワークボックスは岡山県倉敷市に店舗を構える家具屋「家具のひらやま」から生まれました

私たちはこのコロナ過の中、家具の製作の技術で何ができるのだろうと考え、技術だけでなく環境や自然、人の思いも後世に残すという家具のひらやまの家具作りのコンセプトも織り交ぜることによりただの空間ではなくよりサスティナブルな商品を世の中に送り出したいという思いからこの「森のワークボックス」は誕生しました。

縺九¥繧吶・縺イ繧峨d縺セ-04.png
 
bl01_ph01.jpg

Outline

会社名        株式会社 家具のひらやま

代表取締役社⻑    林 弘樹

設⽴         昭和57年4⽉23⽇

住所         〒710-0826 岡⼭県倉敷市⽼松町4丁⽬4­9

​URL         https://mukuzai.info/

History

1943年:平⼭⽊⼯所として創業

1982年:現住所倉敷市⽼松町に移転
    有限会社家具のひらやまに社名を変更

1989年:主な材料に無垢材を使⽤し、⾃然塗料で塗装した⼿作り家具の販売を開始

2008年:大手カフェチェーンの店舗内にインテリアとして置くチェストを製作

2019年:家具⼯房ムクの樹が⾃社の⼯房になる

2019年:株式会社家具のひらやまに社名変更

2020年:家具⼯房ムクの樹、弊社内を改装し移転

よくある質問

色を変えることはできますか?i


はい、別途費用はいただくことにはなりますが当社が使用している自然塗料を基本に 家具の塗装でしたら対応しております。




卸販売はしていますか?


はい、販売店様用の卸価格も設定しておりますのでお問合せください。




組み立ては自分でできますか?


はい、大人の男性が二人いればドライバーがあれば組み立て可能の設計にしてあります。組み立て説明書を準備中です。




森のワークボックスは使わなくなったら何に作りかえることができるのですか?


素材は杉の無垢材ですので切ることも削ることもできますので、テーブルやデスク、その他箱物など費用はかかりますが色々な家具の製作に使えます。




防音効果はありますか?


素材自体に防音効果がありますが標準仕様では天井が空いていますのでそこから音は聞こえますが聞き取りにくくはなります。 天井を塞いでしまうとお部屋に近くなるため消防法の観点から標準では天井はつけておりません、天井が必要なお客様は個別でご相談しながら対応させていただきます。